歯科でできることは歯に関する治療だけではありません。

注意すること

口元

歯の痛みというのは突然やってくることがあります。
慢性的に痛いという場合は、暇を見て歯科医に行って処置してもらうということが出来ますが、突然痛くなったという場合は時間帯によっては歯医者に行くことが出来ず、困ってしまう場合があります。
また、旅行中、健康保険証を持ってきていないのに歯が痛み出してしまったという場合、治療費はすべて自費になってしまうので、病院には行きづらいものです。
ただ、このような歯科に行くことが出来ない状況での歯の痛みも、いろいろと工夫することでなんとかやりすごしたり、あるいは病院に行けるようになるまでごまかすことが出来ます。
では、急な歯の痛みにはどのような対応方法があるのでしょうか。

まず、薬もないという場合は、冷やすことで対処出来ます。
保冷剤が冷凍庫に入っている場合は、それにタオルなどを巻いて痛みがある辺りにあててみるといいでしょう。
また、外出先で保冷剤などは用意出来ないという場合は、コンビニに行って氷を買ってきて、それを口の中に入れるという方法で対処出来ます。
また、歯を磨いてみるということが痛みの軽減につながる場合もあるので、歯ブラシで磨いてみるといいでしょう。
ドラッグストアがある場合は、鎮痛剤を買って飲んでみましょう。
このとき、歯が痛いからと鎮痛剤を買う理由を伝えれば、歯痛に合った薬を出してくれます。
上記のような対処をすることで、夜中や旅先で歯が痛んでも歯医者に行くまで痛みを軽減させることが出来ます。